So-net無料ブログ作成
検索選択

ふと思い出した説明文 [博物館・美術館での出来事のようだ]

 先日に、宮城県美術館で開催されていたルノワール展に行ったときのことを思い出していました。
 ルノワールはその活動が充実するに従い、作品も明るくほんわかしたものになっていきます。特に晩年に描いた女性像は、憂いのない、希望を持った表情のものが殆どになります。その時期の作品を解説したパネルに書かれていた文が、印象に残りました。
——ルノワールは常に自分の作品を鑑賞した者が幸せになってほしいと願っており、そのためには自らが幸せであることが大事だと感じていた——
 だったかな。すみませんメモを取っていないのでうろ覚えですが、ニュアンスとしてはこんな感じだったかと。
 それに、文の書き方からして、ルノワール本人の証言なのかそれとも解説者の言葉なのか判然としないところもありました。ただし、どちらの言葉にしても、印象に残っています。
 私自身、深刻な話ですとか物騒な批判記事とかそんな文章をしょっちゅう書く身ではありますが、読んだ人が幸せになれるような文章も、機会あらば書きたいと思っています。しかしながら、自分自身がどうやったら幸せになったらいいのか、未だ答えは出ていません。難しいですね。何とかしたいものですが。
 ふとルノワールの絵画を鑑賞に行くこともそうですし、あるいは今日撮影したこの写真のように、普段仕事でよく行く場所の見逃していたところに和む風景を見つけることもそうですし……そういうことから、幸せな人生につながる何かを、つかみたいですね……
170417Selog.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。