So-net無料ブログ作成
検索選択

おしらせ(在る光 3.11からのベガルタ仙台編) [ベガルタ仙台絡みのようだ]


在る光 3.11からのベガルタ仙台 (ELGOLAZO BOOKS)

在る光 3.11からのベガルタ仙台 (ELGOLAZO BOOKS)

  • 作者: 板垣晴朗 サッカー新聞エルゴラッソ ベガルタ仙台担当記者
  • 出版社/メーカー: スクワッド
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: 新書


 先日の第一報に続き、ご紹介いたします。
 ベガルタ仙台の2011年からの6年間をまとめた成果の一つとして、書籍『在る光 3.11からのベガルタ仙台』を出版することとなりました。
 大きなタイトルを取ったこともなければ、とても斬新な戦術を用いるわけでもない。でも、仙台市、宮城県といったホームタウンとともに在り続けるひとつのクラブの歩みを追った記録を、私なりに纏めました。仙台トップチームの現場に絞った話ですが、それでも書き残すには覚悟の要る内容でした。
 発売は2月23日の予定です。ただし、書店によっては24日以降に並ぶ場合もありますので、お手数ですがご確認ください。
 Jリーグのクラブそれぞれが目指す地域密着というものについて、考える機会を提供するものとなれば幸いです。どうぞよろしくお願いします。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0